一つの例として葬儀会場(葬儀会場や葬儀会館とも言います…。

記念コーナーにお邪魔した列席者の人々が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】はお酒が好きで十分飲んでいたなぁ、と申されていて、ご遺族は感動されてました。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は色々な場所に募集しており各駅から近く便利な寺院や都内から距離を置いた、下町の寺まで、選択肢はたくさんあります。
葬儀を下準備する人は家族総代、地域の代表や関係する共同体、職場の人など、詳しい人の意見を比較して進めるのがいいと思います。
家族葬の構想として自分は『遺族だけの祭事』『家族と友人だけの葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)』が多くいて、家族葬儀の境域にに相関する感想も様々のようです。
ご自身・家族・勤務先近所の人・ご友人・趣味の範囲を詳細に調査し相応しい助言と、最良な葬儀プランを、ご提案いたします。

「お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」という言葉も「葬儀・法事だけをするお坊さん」をからかった言い回しだけでなく「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)に携わるから穢れている」という趣意をもったりする。
一つの例として葬儀会場(葬儀会場や葬儀会館とも言います。公営の斎場などで葬儀会場も併設している施設もあります。東京では臨海斎場や平和の森会館、大阪では北斎場鶴見斎場瓜破斎場。そして堺市斎場などです。)のことにしても一流ホテルの大式場が良いと思い志願することもあれば、寺院の勇壮な雰囲気の中で、お別れしたいという家族もおられるようです。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の傾向や行うべき点などは葬儀社が教授してくれますし喪主のお礼の言葉もテンプレートが用意していますから、そこに少々喪主の言葉をプラスして挨拶をすれば良いと言われています。
お仏壇(仏壇には二つの意味があります。ひとつ目は「仏様をお祀りする家の小さなお寺」、ふたつ目は「ご先祖様のお家」ということです。日本では、仏教が伝わる(※)より以前から、家の「魂棚」という棚でご先祖様の霊をお祀りする祖霊信仰をしていました。仏教が日本の祖霊信仰と融合して、後に仏壇で両方を祀るようになりました)とはご想像通り仏様要するに如来様をお勤めする壇の事を意味し加えて今日この頃は、命を落とされた家族や、ご先祖を祀る場所と言う考え方が、社会的になりつつあります。
そのうえお墓の形態も昨今では色々とあり少し前までは決まりきった形状のものばかりでしたが現在では洋風の、墓石が増加していますし、自由な形状にする人も、多々見られます。

良いお別れの儀式とはお見送りに没頭できる葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬儀を完遂でき、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀といえるでしょう。
葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教の考えのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)では最初に宗教者による読経など施し、それ以降告別式、主に喪主・家族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、行われています。
病床で逝去されたケースでは病室から2時間程度で退去を要請されるケースも多々あり、お迎えのための車を準備する肝心です。
本来であればお亡くなりになられた方に贈与されるお名前と違い、仏道修行をした、出家者に渡されるものでしたが、今では、定められた儀式などを、参加した一般の人にも、渡されることになっています。
終活セミナーや葬儀勉強会や式場見学会などをしているわけですから、手始めにそれらに訪問してみることをおすすめしています。