納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です…。

斎場とは昔は神道の言い方で聖祭・儀式を行う場所を指しましたが、今日では、転じて主体的にお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を執り行うことが望める施設を言います。
家族葬勉強会や終活勉強会や葬儀式典見学会などをしているはずですから、とりわけそういうのに参加するのを勧めます。
とは言っても弔辞を述べる本人にしてみればプレッシャーを感じるものですから式次第に組み込むのでしたら、早めに申し込んで、相談をして同意を得ましょう。
通夜を円滑に行うためにはご質問がありましたら大切ですので不安に思われることでも、お問い合わせください。
家族葬儀の内情として世間的には『家族だけの葬儀』『家族と親族だけの葬儀』が概ねのイメージで、家族葬の部門にに関する感想も各々と言います。

家族葬にはブレない概念はなく遺族を中心に、関係者など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と繋がりの堅い方が集まり見送るほんの少しのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を指すことが多いそうです。
老人ホームで亡くなられた時病院から2~3時間で移動を依頼される事も多く、迎えの車を手筈する重要です。
古来では通夜は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の近い関係の人が夜通し死者に寄り添うのが一般的でしたが、近来は参列者を参会して通夜を執り行い、数時間で閉式するのが殆どです。
特に書き写したエンディングノートも伏在を共通して認識がなければ不毛なので、信頼出来る人間に伝えましょう。
ご自身・家族・勤務先近所の方・友人・付き合いのある人をきちんと確認し適応した助言と、納得いただけるプランを、ご提案させていただきます。

喪家が指す意味はご不幸のあった家族を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多く喪家は関西エリアを主体として、適用される、ことが多いようです。
お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は幾重にも遭遇することじゃありませんので、認識する葬儀社ががなくて病院で案内された葬儀屋にお願いする事が普通です。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は東京都内各地にあり訪問に便利な寺院や喧騒から距離を置いた、下町の寺まで、バリエーションはたくさんあります。
仏像や仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)に向けての様々な概要が記載されており仏像の所見仏像の彫り方、名高い仏師(仏師とは、日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。 飛鳥時代においては、仏像制作技術を持った血縁集団が存在しており、その長たる者を仏師と称していた。その大多数は、渡来系に属する技術者たちである。鞍作止利の名が知られる)紹介、仏像の種、入手のやりかた、仏像とは何か?魅力はどこに?色々とあります。
損のない葬儀にするためにもうっすらで問題ないのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ、という準備知識を、持つことが大切ですからお勧めです。