過去には墓地というと哀れな感覚がしてた感じですが…。

仏事や祭事から幾つもの手続きまた暮らしにまつわるサポートまで丸々受け入れされていただいているほかご遺族のメンタルの心配りにも、挑戦しています。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を事前準備する人は家族総代、地域の会長や関連する共同体、仕事先の人など、信用のある人の助言を照らし合わせて進めるのがいいと思います。
交わりのある住職が知らない、本人の一家の宗派がおぼろげな方は、はじめに親や親類に伺いましょう。
哀悼コーナーに訪れた参列者の方達がお酒好きなご主人はたらふく飲んでいたなぁ、と話されるのを聞いて、ご家族は驚きました。
揺るがない本義がない『家族葬』という類語ですが、第一に家族や近しい人を軸とした少数での葬儀の公称として使っています。

子供の時に両親を死なれたので祭祀は無知で、かつ問い合わせる親族もいないから、一周忌といってもどうしたらいいのか不明だと思います。
法要参加の人達に気持ちを浄め聖人の面前に仏になった往生人を迎えて、再度声をかけて、お参りするものであります。
亡くなった人を想い葬る場所が故人を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となり誰が誰を弔っているのだろうか、という思いが今も未だ記憶に強く残っている。
人知れずひっそりと葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を考えているのに高額な飾り付けや派手な祭壇を押し付けられる場合は、葬儀業者の考え方が、そぐわないということです。
葬儀セミナーや終活セミナーや葬儀式典見学会などをしているわけですから、ひとまずそれらに関わることを勧めます。

過去には墓地というと哀れな感覚がしてた感じですが、現下は公園墓園などといったオシャレな墓園が基幹です。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の動きや執り行うべき点などは葬儀社がアドバイスしてくれますしご家族のお礼の言葉も定型文があるので、それをちょっと家族の気持ちをアレンジして挨拶にすれば問題ありません。
葬儀・仏事・祭事などでお布施を包みますがお布施の渡し方や席書きの書く方法など禁止事項はあるかな?
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は全国各地に建設されておりお参りに便利な駅に近いお寺や都内から離れた、田舎の寺まで、ラインナップがたくさんあります。
別れの刻ではご一同様により故人と一緒にお花などを一緒にいれて、故人とのラストのお別れを行ってもらい、火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場へ伺います。