ただし昨今では希望が火葬だけや家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません…。

大衆はこちら側は『法事』と呼びますが、シビアに言うと、坊主にお経をあげて頂くところを「法要」と言うので、法要と偲ぶ会も含んだ祭事を『法事』と言われています。
加えてお墓の形状も近年では色々とあり今までは決まった形のものでしたが近頃は洋風の、墓石が増加中ですし、自由なスタイルにされる人も、増えてきた模様です。
初のお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を執り行う方は怯えが増大すると思いますが葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)は一生で数回も執り行うことではないから、たいていの者は新参者です。
臨済宗のお寺などにお詣りした経験のある方だったら周知だと思っていますが、お寺に踏み入れてみると、最奥部の菩薩を設置している壇や修行僧が願懸けするための壇が造られています。
祭事は如何程も実行するわけではないので、把握している葬儀業者ががほぼなくて病院から案内された葬儀屋に手配する事がよく起きているようです。

近頃では斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言っていますががんらい祭祀儀礼を営む場所および、祭祀儀礼を遂行する建物全般を指す呼び名であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言うものも多いです。
ご遺族・ご親族と限定された人達のみを召喚して、見送る、お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と言われるようになり、近頃、根付いて、きたそうです。
終の棲家で身内だけの法要をされる場合戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが心のうちにしっくりくるのであればそれでも結構なのでは、無いんじゃないかと考えます。
一家代表者は葬儀告別式の実務的な部分の窓口となり大きな範囲の働きとしてご参列いただいた方への挨拶、などをすることが考えられます。
通夜はその昔は家族や親族が夜が明けるまで亡くなった人に付き添うのがいっぱんてきだったが、現今では幾世で終わる半通夜がジェネラルです。

ただし昨今では希望が火葬だけや家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)や一日葬という人も増える一方ですので最後はお気に入りの場所でと、自宅を選択する方も増加中です。
ご自身の葬儀や葬送のやり方について今のうちに決めておく事を望む方家族と相談して決めたりエンディングノートに書き残した人もいます。
葬儀式の会場から弔辞を貰いたい人に届くまで、希求すれば綿密なことまで記述する事が出来るのがエンディングノートのやりがいだとも言われています。
普通の人はご遺族の後ろ側に座り着いた人からご家族の背後に着席して、もらえますと、すいすいと案内できます。
家族や友人への希望を伝達するノートとして、この上私自身のための記憶清算手記として、歳を問わず気楽に記す事が可能な、育む中でも助けになるノートです。