とは言え弔辞を述べる本人からすると緊張するのが現実ですから式次第に入るのなら…。

一つの例として葬儀の式場一つに関しても大きなホテルのホールが良いと思い志願することもあれば、お寺の素晴らしい雰囲気の中で、お見送りされたいというご家族もおられます。
そこそこのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を行うのであればどうしてもそれなりに加算されると思いますが、様々な切り盛りで、約100万は、減らすことができそうです。
葬儀と告別式とは本来分けて考えるもので仏教の考えの葬儀では最初に宗教者による読経などをされ、その先に告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、実施されています。
親しい寺院が不明、私の一家の宗派が知らされてない方は、ともあれ実家や本家に問い合わせるのがいいですね。
とは言え弔辞を述べる本人からすると緊張するのが現実ですから式次第に入るのなら、早めに相談させてもらい、承諾を得るように動きましょう。

通夜はこれまでは身内や近しい人が徹夜で死者に寄り添うものが当たり前だったが、今では早く終わる半通夜が自然です。
小さくひっそりとした葬儀を考えているのにもかかわらず大きな祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や派手な演出を提案されるケースは、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の考え方が、合わないということです。
若いときに母親を亡失したので仏事は弱くて、これから質問する血縁者もいないので、三十三回忌といってもどうすればいいのかわからないです。
今日日は僧侶などは葬儀式や仏事でお経を読む人という感じが強いですが、長年坊主とはお釈迦様の言葉や、仏教を間違いなく伝わるように、伝達するのが職責なのです。
祭祀から諸々のお申し込み暮らしに関するサポートまで一切合財引き受けさせていただいているほかご遺族のマインドケアにも、向き合っております。

そういったように有力な方を失った家の人、に向けては、身近な、知り合いが、金銭事情、協力、出来る。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事だけに関わる宗教者」を揶揄しただけでなく「葬儀に関わるから穢れている」という内容を指したりもする。
葬儀にこだわりといったような想像できないと思うかも知れませんが葬儀を想像するにあたりどこを大切に優先すべきか、という意味だと考えます。
嫁の父親は天台宗でそのお位牌を預け入れるのですが、自身の暮らしている近所には黄檗宗の聖堂がないと思います。
同居の父がとある日一人でふらふらと散策に出かけては規則的に葬儀・お墓・永代供養などのチラシを貰って帰ってきて生き生きと説明してくれました。