最澄の教えを仲介して常の障害を排除したり…。

葬儀式を準備する人は喪家の代表者、地元の代表や関連団体、事務所の人など、信用の高い人の助言を思念して決定するのがいいでしょう。
穏やかにこじんまりと葬儀を考えているのにもかかわらず派手で大きな祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や飾りを推奨される場合は、葬儀業者と意思の疎通が、向いていません。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には目に見えた通念はなく親族を主体に、親しい方など故人と交際の深い人が集まり見送る多少の葬儀を指すことがだいたいですね。
お仏壇とはイメージ通り仏様つまり如来様を手を合わせる壇の事を意味し加えて今日この頃は、お亡くなりになられた肉親や、ご先祖を祀る場所と言う考え方が、常識になりつつあります。
お悔やみコーナーに足を向けた列席者の方たちが故人はお酒が好きで十分飲んでいたなぁ、と仰られていて、ご遺族はビックリされていた。

ただし昨今では火葬のみの方や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を希望する方が増加しましたからこの世の最後は、自宅を選ばれる方も多くなりました。
ご先祖様に関しての供養となっているので身内ですべきことが、一番ベストなのですが、各々の都合で、実践できないケースには、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りに限定して、頼むこともあります。
そんなふうに最大の方を失った親兄弟、を対象に、近くの、人が、懐事情、協力、出来る。
葬儀場から弔辞を望んだ人に行きわたるまで、要望すれば細かなことまで記載することが出来るのが老いじたく覚書の利点だともいえます
仏式だったら安置するのは北枕ですがご遺体安置の手段はキリスト教や神式などの、様々な宗教・宗派の特色によってルールが変わります。

母屋で内輪だけの法事をされる場合戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが心に残るとしたらそれはそれとして問題ないのでは、無いのではないかといえます。
当事者・家族・仕事先近隣の方・友人・趣味の範囲をこまかく調べ適したアドバイスと、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)のプランを、お勧めさせていただきます。
後飾りは葬儀式が終了して葬儀の祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)を片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌などを仏間に安置しておくための祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)のことを指します。
最澄の教えを仲介して常の障害を排除したり、幸せを望む、あるいは、お釈迦様を通してご先祖様の供養をするのが仏壇の役目だと思います。
長い月日おまつりされていた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の腐食金具の劣化、彫刻の破損金箔のめくれ、などで、見た目が低下します。