死者を悼みお見送りの席が故人を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となりそこで亡くなった人を弔っているのは誰なのだろうか…。

お釈迦様の経典を通して常日頃の不始末を排除したり、幸せを念じる、あるいは、如来を通して先人のお詣りをするのが仏壇の値打ちだと思います。
今では坊主は葬儀式や仏事でお経を読む人という感覚がありますが、昔から坊主とは釈迦の言葉や、仏教を間違いなくわかりやすく、知らせるのが職責なのです。
そもそも通夜に家族の挨拶はないのですが、現代ではお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に参列する方が多く、挨拶される人も増えていると聞きます。
長い時間利用されていた仏壇には傷や汚れのへばり付き木地の反り金具の劣化、彫刻の破損金箔のはがれ、等によって、外観が悪くなります。
仏式において北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置の手段については仏式以外で神式、キリスト教などの、一つ一つの宗教・宗派によって習わしが異なります。

「葬儀坊主」ということも「葬儀・法事だけをしたがるお坊さん」を小ばかにしただけでなく「葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)に従事するから穢れている」という主旨をと言うこともある。
仏像や仏師に向けての多種多様な見識が記されており仏像の感じ方仏像の彫り方、高名な仏師掲載、仏像の種、入手のやりかた、魅力は何かなど多種多様です。
大事な方が亡くなった事実を現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で故人の冥福を祈る事で参加した親族友人と、その気持ちを同調する事が、心がケアされていくのです。
曹洞宗ではどこの聖人をご本尊様と言ってもどれもこれも仏様に通ずると考えた教えだと言っていますが、死者宅で葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)をするときは、本尊様ということで軸を使うことがあります。
葬儀のパターンや進行すべき点というのは葬儀会社が指示してくれますしご挨拶もテンプレートが用意していますから、それに加えて遺族の思いをプラスして挨拶として話せばいいのです。

疑いない同義がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という口語ですが、もっぱら喪家や親族を主軸に少人数での葬儀式の呼び名として抜擢されています。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の感じとして私たちは『遺族だけの祭事』『遺族と親しい人だけのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)』が多いようで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の境界にに従属する直観も様々と言われています。
気持ちの良いお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)とはお別れだけに専念できる葬儀のことで円滑に葬儀を終了することができ、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀ではないでしょうか。
妻や大切な人への望みを知らせる手紙として、また私のための検討総括手記として、年齢を気にせずのんきに綴ることが出来る、育む中でもありがたいノートです。
死者を悼みお見送りの席が故人を隣にして財産を奪い合う醜い家族の醜態となりそこで亡くなった人を弔っているのは誰なのだろうか、という事を強く感じた記憶がある。