祭祀から色んな進行暮らしに関するサポートまで全部お任せして頂けるほかご遺族の精神面でのケアにも…。

通夜は過去は家族や近親者が明晩亡くなった人に寄り添うものだったが、近代では幾世で終わる半通夜がジェネリックです。
本来であれば亡くなった人に交付される呼び方ではなく、仏道修行で切磋琢磨した、出家者に受け伝えるものでしたが、最近は、システマティックな儀式などを、参加した一般の人にも、与えられることになっているようです。
人知れずひっそりと葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を考えていながらも高価な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)や高価な飾りを進められる場合は、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の方針が、そぐわないということです。
本人・家族・仕事先ご近所づきあい・友人・趣味の付き合いを詳細に調査し相応しい助言と、最良な葬儀プランを、ご説明させていただきます。
その昔は通夜は故人の近しい人たちが夜明かし仏の傍にいてのが慣習でしたが、近頃は訪問者をお迎えして通夜を施工し、数時間以内に閉式するのが普通です。

祭祀は寺院の坊主によって授戒(戒律を授けること)と引導(仏様を彼岸に導くこと)を行う宗教式で、原則的には遺族のみが列席されていたようです。
これまではお墓とされるものは陰鬱な面影がしましたが、只今は公園墓石などといった陽気な墓園がメインです。
祭祀から色んな進行暮らしに関するサポートまで全部お任せして頂けるほかご遺族の精神面でのケアにも、トライしています。
祭事をなめらかに行うためにはお客様と葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)とのコミュニケーションも大切なことになりますので取るに足らないと思われることでも、ご質問ください。
近年では通夜式・告別式を遂行しない直接火葬場で仏を納骨を執り行う『直葬』を施すご家族が増えているそうです。

この頃先生は葬儀や法要でお経を読む人という思いがしますが、大体仏教者とはお釈迦様の教えや、仏教を原則的にわかりやすく、知らせるのが職責なのです。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の感覚として世間は『ご家族だけの祭儀』『遺族と友人だけの祭事』が大半で、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀のゾーンにに相関する直観も違うそうです。
葬儀と告別式とは別のもので仏教の考えのお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)では初めに宗教者による読経等々施し、その先に告別式、主に喪主による故人とお別れする会が、実施されています。
葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)と言う施しを行うことで近しい人の死という区切りをつけ、仕切り直して新たな生活への、行動する足がかりとなります。
仏様や仏師に対する色々な情報が載っており仏像の解釈仏像の彫り方、一流仏師紹介、仏像の種や購入の方法、仏像とはなんぞや?魅力など多々あります。